【peeping holes】厳選美○女風呂 vol.14

peeping-holes

配信元:peeping holes
タイトル : 厳選美○女風呂 vol.14
ファイル名 : gensenfuro14.wmv
動画再生時間 : 19:57
配信元URL:サイト閉鎖

「厳選美○女風呂 vol.14」解説

冒頭~ kd姉妹 浴場、着衣

年齢     :k/d
体型・身長  :標準・標準/標準・標準
胸の大きさ  :巨乳/巨乳
乳輪・色味  :小さめ・ピンク/大きめ・ピンク
乳首     :小さめ/平均
乳房     :半球型/下垂型
陰毛量    :平均/平均
髪型(露出時):ツインテール/ポニーテール

10代後半~20中盤くらいの姉妹の浴場および着衣のシーン。
冒頭では脱衣所と浴場のシーンがあり、別の被写体のシーンを挟んで、再び姉妹のシーン(03:47~)となる。
髪型は姉がポニーテールなのに対し、妹はツインテールだ。
銭湯でのツインテール姿はなかなか珍しい。
二人は顔立ちが似ており、特に口元の若干しゃくれた感じが一致している。

>01:47 妹全身

>04:10 姉全身

この姉妹、顔立ちもさることながら体型、特に胸が非常によく似ている。
大きさも姉妹ともに巨乳で、乳房の形も丸みを帯びた半球型と下垂型。
乳輪も二人して色素の薄いピンク色をしている。
さすが姉妹と言ったところだ。
乳輪の大きさは姉が大きめなのに対し、妹は小さめだ。

ただ、妹と比べて姉は胸が若干下垂していることに加え、陰毛量が少し多い。
この辺りは年齢による差と言えるだろう。

>04:00 男児と共演

姉妹で裸でいるところに、低学年くらいの男の子が裸でやってくる。
まだ小さいとはいえ、裸の男女が一緒の空間にいる銭湯ならではの映像だ。

>04:15 妹、陰部接写

>06:02 全裸で体重測定姉が体重測定をしているそばで、その様子を妹が見ている。
体重を隠したりしないあたり、家族といった感じだ。
体重計から降りる際、姉の裸を近場からとらえている。全裸で脱衣所内をうろつく二人を見ていると、特に裸を晒すことへの気恥ずかしさはないようだ。

>06:21 妹、ロッカーに足をかけ豪快な拭き上げ方だ。

>07:05 妹、胸接写
シーンは着衣が終わったところで終了する。
ちなみにこの二人は下記の動画でも登場する。
phシリーズの中でも登場回数の多い被写体だ。

厳選80 07:12着衣
厳選84 05:36浴場、脱衣所
厳選156 冒頭 浴場、脱衣所

02:31~ sc姉弟 着衣

年齢     :c
体型・身長  :ぽっちゃり・低身長
胸の大きさ  :巨乳
乳輪・色味  :大きめ・赤
乳首     :平均
乳房     :-
陰毛量    :無毛
髪型(露出時):でこ出しセミロングヘア

着衣シーンである。姉はsかcか微妙なところ(表記上は繰り上げてcとする)。
シーン冒頭ではすでにパンツを着用しており、胸のみの露出。
若干ぽっちゃりとした体型。
胸はかなり大きく、色づいた乳輪や凸のある乳首は大人顔負けである。
谷間もはっきりとできているほどだ。
しかし顔立ちはまだどことなく幼げで、背丈も周りの大人たちと比べると明らかに小さい。

>02:32 裸で携帯いじり
パンツ一枚の姿で携帯をいじっている。

弟も女子風呂に入ったようで、脱衣所で一緒になって着替えている。
姉は恥ずかしげもなく弟の前で裸を晒している。
弟は3段ロッカーと同程度の背丈で、推測するに130cmくらいだろうか。
これは8~9歳(小学3~4年)くらいに相当し、女湯に入る年齢としてはやや高めと言える。

姉はその後、ノーブラ、インナーなしでパジャマを羽織っている。
今作は着替え終えたところでシーンは終了。

ちなみにこの動画は『超S級・C級 美○女風呂 Vol.66 冒頭~』でも同じシーンが記録されているが、
SC66の方がシーンの前後がもう少し長く記録されている。
今作ではパンツを履いた状態からのシーンになっているが、SC66は全裸の状態からの撮影で下半身も記録されている。
陰毛は無毛。
胸との発達差が非常に大きい被写体だ。

もう一点補足をすると、下記の動画にも登場している。
しかもこちらは、今作での撮影時よりも数年前のものと思われ、今作よりも幼い頃の姿が記録されているのである。
『超S級・C級 美○女風呂 Vol.01  09:33~(脱衣)/11:30~(浴場、着衣)』
今作と同じく姉弟で登場しているのだが、二人とも明らかに今作よりも幼い顔立ちをしている。
当然、胸も今作に比べたらずっと小さい。
とはいえ、背丈はさほど大きく変化しているわけでは無いので、2~3年越しの映像と言えそうだ。
たった数年でこれほどまで胸が大きく成長するものかと、成長期の体の変化をまざまざと感じさせる。

SC66 冒頭~ 着衣(今作のロングバージョン)
SC01 09:33~/11:30~ 脱衣、浴場、着衣 ※より幼い頃の映像

08:08~ c親子 露天

年齢     :c
体型・身長  :標準・標準
胸の大きさ  :膨らみかけ
乳輪・色味  :平均・ピンク
乳首     :平均
乳房     :-
陰毛量    :-
髪型(露出時):ショートヘア

露天と書いたが正確には脱衣所の一部(屋外テラス)である。
入浴を終えた被写体が母親とともに、全裸にタオルを巻いた状態でテラスで涼んでいる。
というか、横でタバコを吹かし他の人と談笑している母親を退屈そうに待っているといった感じだ。

屋外テラスというシチュエーションもそうだが、さらにこの状態で飲料を飲んでおり、かなり珍しい映像になっている。

>08:15 胸接写
シーンの冒頭ではかなり胸が接写撮影されている。
乳首もしっかりと確認できる。
乳房はまだまだ小ぶりで、少し丸みを帯びてきた程度の大きさ。
乳輪の色味も薄い。
ただ、乳輪や乳首は女性らしい大きさや張り出し具合が芽生えている。

11:03~ k親子 浴場、入浴、洗い場

年齢     :k
体型・身長  :標準・標準
胸の大きさ  :巨乳
乳輪・色味  :平均・赤
乳首     :小さめ
乳房     :おわん型
陰毛量    :平均
髪型(露出時):セミロングヘア

脱衣所から浴場内へ入ってくるところから収められている。
親子で下半身をタオルで隠した同じ格好で登場。
昼間の撮影のため、場内は非常に明るい。

まず、かけ湯代わりに洗い場のシャワーを使用。
撮り師もついていったようですぐ横から撮影。
娘は大きな胸をしている。
また、乳房にハリがあり、きれいな胸をしている。

そして鏡の前で親子で何やらポーズを決めている。
日焼け具合を確認しているようだ。母親も胸が大きく、まさに遺伝といった感じだ。
年齢のわりに母親もハリのある胸をしている。
このあたりも親子で遺伝しているのではないだろうか。

洗い場でかけ湯を済ませた後、入浴シーンが続く。

>11:41 親子で手繋ぎ
浴槽から二人が出てくるシーンで、浴槽縁をまたぐときに母親が娘の手を取っている。
そして母親が先に縁をまたぐと手を引くようにして待っている。
おそらく娘が転ばないように手を引いているのだと思われるが、娘の見た目を考えるとなかなか異様とも取れる光景だ。
手を引いているのが子供であれば妥当といった光景だが、傍から見ると娘はその背丈や体つきから、子供というより、もう立派な女性だ。

そんな女性をさも小さな子供の用に扱う母親とそれを受け入れる娘の姿には強い親子愛が感じられる。
また、登場時に身に付けていたバスタオルも、母親が娘の分まで持ってあげており、母親はかなり娘に尽くしているといえる。
いくつになっても親にとっては娘は子供と言わんばかりの光景である。

その後も二人で一緒に浴槽を巡っている。そんな温かみのある親子の姿を、撮り師は執念深く追いかけていっている。
光と闇を感じさせる映像だ。

>12:43 全身髪も濡れていないため自然な姿での全身撮影である。

>12:51 水風呂入浴
親子で水風呂に浸かっている様子だ。
画面右側に「水 風 呂」という表札があることからこの浴槽が水風呂であることがわかる。

さらに面白いのが、母親が娘の背中に手ですくった水を掛けており、
その冷たさに娘は「っうぅ!っうぅ!」と声をあげ悶絶しているのだ。娘の肩から母親の掛けた水しぶきが飛んで見える。
親子のそんな微笑ましい姿が収められている。

浴槽から出る際、ポールをつかんで足元から降りてくるため、
四つん這いになった彼女を下から覗き込んだようなアングルになっている。珍しいアングルだ。浴槽から上がるとき、親子の下半身が良く撮れている。
陰毛量はどちらかというとやや多めで、扇形に生えている。
これも親子で全く一緒の特長である。

シーンの後半は洗い場シーンとなっており、こちらも被写体のすぐ隣からの撮影。

>16:37 陰部洗い

>17:03 股下撮影陰部は見えないが、陰毛は捉えている。

>18:48 母親による髪結いこれまた親子関係を色濃く感じられる光景だ。
母親が娘の髪を結ってあげている。
先と同様に娘の年齢を考えると異様とも取れる姿である。

髪をまとめるところからヘアゴムで留めるところまで、すべて母親が行っている。髪結いが終わると洗い場を立ち去り、撮影は終了する。

「厳選美○女風呂 vol.14」の私見

今作は姉妹、姉弟、親子が登場した。家族回と言っても差し支えないだろう。
それゆえに、遺伝の影響を強く感じることができる作品だったと思う。

特に姉妹の胸の大きさや形は非常に似ており、その類似性には驚かされるものだった。
また、親子においても身体的な特徴が類似しており、母親が娘に与える遺伝というのを実感できた。
この姉妹や親子の例から推測するに、胸の大きさや形というのは遺伝による影響が多くを占めて決定づけられるのではいかと思われる。また、胸にハリと年齢による下垂は関係がありそうだ。ハリのある胸ほど、年齢を重ねても下垂しにくいと言えそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました